プログラミング独学で集中力維持に効果があったのは◯◯でした

最近あることを行ってから、集中力が上がりました。

これ以外にもある程度、やるべきことを選別したこともあるかと思いますが効果があったのでシェアします。

デュアルモニターからシングルモニターにしてみた

あることとは、「デュアルモニターからシングルモニター」にしただけです。

前職では、もっぱらデュアルモニターで仕事をしていて2台モニターがあることの効果を実感していたので自宅にも導入していたのですが、ある記事を読んでからシングルモニターにした結果、以前より集中できるようになりました。

macOSでディスプレイ1枚で作業する技術 – Qiita

この方法の良い点は、「ノートPC1台あればどこでも使える」「シングルモニターでもデュアルモニターと同じくらいの効率が得られる」ところです。

デメリットとしては、紹介されている記事が「Mac向け」なので「Windows」ではできないかもという点です。

実際にMacBook Airにてショートカットキーで画面を切り替えた動画

Control+1、2、3….といった感じでショートカットキーに仮想ディスプレイを割り当てて切り替えているところです。

仮想ディスプレイごとに開くアプリケーションを決められるので、画面1はクローム、画面2はVScodeなんて使い方ができるので、用途に応じてすぐに画面を切り替えることができるようになりました。

まとめ

この仮想画面の切り替えを使い始めたころは、デュアルディスプレイで使っていたのであまり恩恵を得られず使っていませんでした。

たまたま、集中できないから隣の部屋にノートPC1台持って使い始めたのがきっかけです。

ノートPC1台なら無駄に画面を行き来しないので、集中力がとぎれません。

はじめの頃は設定に苦労すると思いますが、使い慣れるととても生産性をあげてくれます。

ぜひ、集中力維持のために導入してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です